Browsing articles tagged with " 施工例"
10月 31, 2012
admin

アジアリゾート風の施工事例

2年前に施工されたF様邸を9月に訪問してきました。

窓から水田が眼下に広がって緑豊かなピクチャーウィンドウが楽しめるF様の新居、遠くまで遮るものがなく花火の時は部屋から見れるそうです!うらやましい!

アジアリゾートのような邸宅

バリのウブドにあるアジアリゾートを感じるお宅でした。

チークの無垢框材は厚50x幅250x長1998(mm)のものです。幅広板目の縞チークで迫力満点です。また、50mm厚の框は靴を脱いで素足で踏んだ時に、どっしりした踏み心地があります。足の裏の感覚は結構敏感なんです。

チーク框材の納まり

リビング・ダイニングにはチーク無垢一枚板のテーブルがあります。目が詰まって綺麗な木目です。アイランドキッチンの壁にはアジアンウォールナットなぐり加工です。床材と色合いが変わってアクセントとなってます。

アイランドキッチンとチーク無垢板テーブル

 

塗装はリボス社アルドボスをF様ご自身で塗られました。2年経過して、いい感じに馴染んできています。またチークも経年変化で色合いが落ち着いてきて自然な艶を帯びています。

チークフローリングの艶

チークフローリング経年変化 2年後

以下は塗装時の写真です。

アルドボス塗装

アイランドキッチンの壁に張ってあるのは、アジアンウォールナット無垢材です。なぐり加工という仕上げで味のある雰囲気を出しています。

アジアンウォールナットもアルドボスで塗装して、チョコレート色で綺麗な色あいになっております。アルドボスはクリア色ですが、アジアンウォールナット自身が持つ色合いが、オイル塗装をすることで引き立ちこうした色合いとなります。

なぐり加工を施したアイランドキッチン

 

10月 15, 2012
admin

ナチュラルな雰囲気のアイランドキッチン

いつも弊社のチークフローリングをご採用いただいている湘南の建築事務所アトリエエーワン様の施工現場にお邪魔しました。

実は店長宅もアトリエエーワン様に設計してもらいました。湘南の気候を知り尽くしたデザインで風通しがよく、自然素材を上手に取り入れた住まいは長く住んでいても飽きず、癒される空間です。代表の三原さんは、チークフローリングについて造詣が深く、弊社の商品開発などには知恵を拝借することも多いのです。

さて、N様邸はリビング・ダイニング・キッチンがひと繋がりとなった大空間があります。こちらの床は全面チークTU15を施工いただきました。また、広々した白いアイランドキッチンのアクセントにチークフローリングを貼って、ナチュラルで重厚な感じが出ています。フレームの厚みにも拘っていて、上面のフレームは引き出しになっていてカトラリーが仕舞えるようになっています。

ナチュラルなアイランドキッチン アトリエエーワンのデザイン 引き出しつきのオープンキッチン

床面は無塗装の仕上げです。メンテナンスは時々ソープフィニッシュを行っていく予定とのことです。無塗装品の肌触りは素足で歩くと気持ちがよく本当に格別です。

弊社の本チーク ユニフローリングは、ユニタイプ特有の色や木目のバラつき感を押さえるように製造しております。ユニタイプでもスッキリとして見えるのはその為です。そしてチーク材は時間とともに濃い飴色に変化していきます。本チーク材の持つ油分は徐々に光沢となっていき、自然な艶を持つ床材になります。

チーク材は時間とともに経年変化して味わい深い色合いになる木材です。

無塗装のチーク無垢床材 アイランドキッチンのある大空間リビング

 

無料サンプル請求

10月 1, 2012
admin

地中海風リゾートハウスの邸宅

夏休みを兼ねて世界遺産の小笠原まで旅行に行ってきました。

家族サービスを少し抜け出して、TS90を施工いただいたS様邸を訪問させていただきました。内装の施工はS様ご自身で行われたそうです。ミャンマーチーク床材に限らず一つ一つの建材をご自身で選んだこだわりのある邸宅です。
地中海風リゾートハウスのような雰囲気のある住宅です。小笠原は湿度が高いので、湿度対策というところが住宅を作る上でのポイントになるそうです。具体的には風が抜けるよう外階段を片持ちにしたり、無垢チーク材でサラサラとした肌触りの床にしたりというアイデアが随所に見られます。

地中海風リゾートハウス

チーク無垢材にアルドボス塗装

TS90チーク一枚物フローリングのリャンコ張りという張り方で施工されました。施工後にリボス社のアルドボスとビボスの2種類のオイルを塗布しました。ミャンマー産のチーク材はオイル塗装をすることで濡れたような深い飴色に変化します。

壁はインドネシアの天然石です。施工は苦労されたとのことですが、乱尺張りの石壁は存在感があって雰囲気があります。チークと石壁は本当に相性が良いです。

天然石材とチーク無垢床材 パティオからの風景

 

チーク建具の扉

船のキャビンのような建具はチーク床材を利用して自作されたそうです。ルーターをつかってRをつけた扉が格好いいです。

オーディオルーム拝見
離れはオーディオルームになっています。こちらはチーク無垢床材と桧の壁材が施工してあります。ウッディーな感じで落ち着いています。窓枠も木製で味がある感じです。

小笠原は亜熱帯で湿気が強くシロアリに強い材でないとダメということらしいです。ミャンマー産の本チークはシロアリにも強く、湿気による寸法変化も少ないので最適な材料です。
S様邸、素足で歩かせてもらいましたがサラリとして気持ちが良かったです。

9月 19, 2012
admin

パーケット張りの施工事例

まだまだ暑い日が続きますねー。

そんな中、THB15を施工いただいているHigh Light様の現場へ訪問しました。こちらの現場では、THB15をパーケット張りにて施工です。六本木のアメリカンレストランCheeh and Chong’s さんの個室内装に採用いただきました。

パーケット張りの無垢フローリング

アメリカンビンテージがマッチする空間です。オリジナルのアイアン家具にチーク無垢材が相性バッチリです。これから木製ブラインドや装飾の什器等が入って、雰囲気のあるアンティークな感じになります。チーク無垢材の持つ本物の味わい深いWoodyな雰囲気が居心地のよいDining roomを作り出しています。そして、この市松模様のパーケット張りは、かわいらしいアンティークな雰囲気をもっていますね。

パーケット張りでアメリカンな空間海外ビールも多く取り揃えていて、ワインもたくさんあるそうです。お店の場所は麻布警察署の真横です。六本木に仕事・遊びに行かれる方は要チェックです!

7月 26, 2012
admin

肌触りがよいので体感温度が下がるフローリング

TU15の無塗装のままご使用いただいているI様邸を訪問いたしました。

船が好きで、キャッチャーボードや氷川丸などをイメージしてマンションをリフォームされました。豪華客船の床材といえばチーク材です。I様自慢の書斎は、多角形となる空間に腰窓があって、客船キャビンのようです。ご自身で作られている船の模型もあり、ケースの上にある真鍮のエンジンは実際に蒸気で動くそうです!本格的で格好いいです!

客船のような内装

また、オーディオが趣味とのことで、エクリプスのスピーカーがありました。少し鳴らしてもらったのですが、やはりいい音です。チークフローリングを選んでいただくお客様はオーディオが趣味という方が本当に多いです。お蔭様で訪問する先々で色々なオーディオを拝聴する事ができます。

エクリプスがあるオーディオルームとチークフローリング

さて、こちらは洋室です。シンプル且つナチュラルな感じで無塗装の本チークフローリングの木目と庭のグリーンが映えます。

シンプルでナチュラルな感じの洋室

I様邸では、書斎とダイニングルームでフローリングの張り方向を変えていました。丁度ドアのところで見切る形です。こうすることで変化が生まれますね。

フローリングの向き

I様曰く、チークフローリングは肌触りが格別で、とくにお風呂上りに素足で歩くとサラサラとしていて気持ちがよいとのことです。丁度、物置となっている1室は既存の合板フローリングのままだったので、踏み心地が断然違うことが良く分かったとのことです。

ミャンマー産本チークは、チークという樹種が持つ独自のオイル成分が豊富でしっとりとした肌触りがあります。一方で、チークは導管が太いので、湿度をよく吸って、床表面のジメジメした感じがなく爽やかです。勿論、コーティング塗装などを施してしまうと、こうした質感は少なくなってしまいますので、弊社では無塗装か質感を生かす自然塗装をお薦めしております。

チーク無垢フローリングは、夏場はサラリとしているので体感温度が下がる気がします。タイルや大理石を踏んだようなヒンヤリ感はないのですが、ベタつかないので結構快適ですよ。

まずは無料サンプルを踏んでみてください!

ページ:«12345678910»
無料サンプル申込