Browsing articles tagged with " 施工例"
6月 12, 2012
admin

チーク床材と漆喰でマンションリノベーション

TS120(15x120x1820mm)を施工いただいたA様から施工後の写真をいただきました。

無垢の肌触りやあたたかさに木の床にしてよかった!とA様には実感いただきました。デスクやテーブル・ソファも味があって素敵ですが、白くて雰囲気のある壁と照明が印象的です。A様のお宅では漆喰に間接照明を合わせることで雰囲気のある空間を創られました。
チークフローリングと漆喰の壁

ロイヤルハワイアン調の壁

また、別のお部屋は淡いピンク色の漆喰で落ち着いた雰囲気です。

チークの床材を販売していると、色々な自然素材の壁材と組み合わせを見ることができて勉強になります。特に塗り壁系とチークは相性が良い感じです。

猫ちゃん7匹と一緒に住まわれているA様からのメールを引用させていただきたいと思います。間接照明を使って落ち着いた雰囲気の空間を創りたいと考えている方に大変参考になる内容かと存じます。

“相原様

お世話になります。
ご質問いただきました壁材についてご説明させていただきます。
日本の住宅は直接照明が多いため自分達には明るすぎると感じる事も多く、すごしていても落着きませんでした。
海外のお宅やホテルの様な間接照明にして欲しいと施工会社に相談してみたところ、それなら照明に合わせて壁は漆喰にされるとライトの陰影でとても良い味が加わりますよとすすめられました。

寝室はロイヤルハワイアンホテルと同じピンク色にしたかったので、当初は当然ブラックウォルナットを有力候補に考えていたのですが、
サンプルで頂いたチーク材の色合と肌触りが想像以上に良かったため寝室もミャンマーチークで揃えようかってことになりました。幅広でやさしい木目のチーク材、実は僕以上に家内が大満足してます。 ありがとうございました。”

また、A様邸ではチークフローリングに併せて框材についても弊社の無垢框をご採用いただきました。 玄関土間からの立ち上がり部分に縞チークの框材が納まっております。ミッドセンチュリーのチェストが存在感あります。 TS120の存在感と調和した素敵なリノベーションです。Aさま、素敵な写真をありがとうございました!

チークの無垢框材とミッドセンチュリーチェスト

5月 22, 2012
admin

杉板の壁材とチーク無垢床材の相性

今回はチーク一枚物(TH90)と杉板の壁材を合わせたS様邸の施工例をご紹介します。

リビングに入るとウッディーなコテージのような雰囲気に包まれます。 床・壁・天井までを無垢材で仕上げたS様邸です。床材に広葉樹のチーク、壁・天井材に針葉樹スギとすることで変化が生まれてスッキリします。また、天井高があるので開放的な雰囲気。

杉板の壁材とチーク無垢床材

キリムとペーパーランプシェードのあるお部屋

壁に掛けられたキリムとランプシェードがいい雰囲気で、夜になると幻想的な感じになりそうですね。

それぞれが個性的なものなのですが、いずれも自然素材なので見事にマッチングしてナチュラルな雰囲気が出ています。

チーク無垢フローリングはTH90という商品です。サイズは厚15 x 幅90 x 長910mmの一枚物フローリングです。無塗装での仕上げです。無塗装はやや汚れやすいですが、色合い・踏み心地が優しく素材感を感じる事ができます。

 

ちなみに店長宅も無塗装で6年が経ちました。時々、オリーブオイルの石鹸で床をゴシゴシとモップ掛けするだけで、綺麗な状態を保っていると思います・・・。

無垢材の見切り

今回はLDKの改装でしたが、既存床とチーク無垢材はリビングに入るドアのところで見切っています。フローリング材を活用して見切り材を作られています。
床材の張り方向が既存床と同じ方向で違和感なく続いています。この見切りの方法、結構参考になるのではないでしょうか。

2月 8, 2012
admin

お客様アンケートの結果

先月より第4回お客様アンケートを実施しております。これまで弊社のチークフローリングをご採用いただき施工後1年~3ヶ月経過された方にアンケートを配布してご回答いただきました。
ご回答いただいた皆様、本当にありがとうございました。ご回答いただいた内容やは、横浜事務所のスタッフだけでなくヤンゴン事務所のスタッフ・提携工場の方々に伝えます。

ご回答いただいた皆様から、弊社のチークフローリングに大満足で、出会えてよかったというお言葉をいただけました。このことは販売するものにとって何にも代えがたい有り難い言葉です。これからも良質のチークフローリングの提供を続けていく活力になります!
お客様アンケートさて、皆様のアンケート結果よりわかった事をあげていこうと思います。

問、チークフローリングを施工したお部屋はどこですか? という質問に対しては、95%以上の方が「リビング」とお答えいただきました。また、50%近くの方で脱衣所・お手洗いの床材としてチークを選んでいただきました。チーク材はヨットやクルーザーのデッキ材にも使える水に強い材料です。ですから、水廻りの床材にも使用できます。

問、チーク以外で検討された樹種は? という質問に対しては、チーク以外は検討しなかったという方が半数以上でした。次にカリン・ウォールナットを挙げる方が多かったです。いずれも銘木です。カリンもチャンスがあれば取り扱っていきたい樹種です。

問、床材を決めるポイントは?という質問では、すべての方が「色合い」を重視することが分かりました。続いて、寸法安定性、価格、耐久性の順となっています。

問、家作り・空間作りで大事にしたい点という質問では、自然素材を使って癒しのある空間や使用しているチーク家具との統一感を大事にすることなどがありました。また、耐久性や素材本来の力を引き出すシンプルな作りという回答もありました。

問、弊社のチークフローリングに決めた理由という質問では、色合い・質感が優れている一方で低価格である点が多くの皆様に共通した理由でした。 良いものを安く提供して顧客満足度を高めるという弊社のモットーに合致した回答で自信がつきました。

自由記入欄ではお客様の家に訪問した方々からの評判も高いという記載も多くありました。実際に多くの方に見てもらって踏んでもらう事で、チークフローリングの素晴らしさが伝播していく事に繋がっていくと思っています。そして、何より施工したお客様に「ミャンマーチークにして良かったなー」と思ってもらえた事が最高です。

特に床材の素材感や質感にこだわりがある方にはミャンマーチーク オススメです。是非、サンプルを手にとって見てください。

加工待ちのTS120無垢フローリング

加工待ちのTS120無垢フローリング

無料サンプルロゴ

1月 19, 2012
admin

マンションリフォーム事例 クラシックな洋館風の内装リフォーム

あけましておめでとうございます。本年もミャンマーチークの汎アジア貿易 店長の相原をよろしくお願いします。

さて、新年一回目のブログでは、幅広タイプのチーク一枚物フローリングをご採用いただきましたA様邸をご紹介します。A様は弊社のチークを採用いただいたS様の親御さんです。S様邸と同じTS120タイプをご採用いただきました。2世代でのご購入まことにありがとうございます!

A様邸は海まで程近く緑に囲まれた閑静な住宅街にあります。メゾネットタイプのマンションをリフォームして洋館風のクラシックな住空間になっております。

雪見障子とチーク無垢フローリング
木製建具の濃い色合いと無塗装のチーク無垢フローリングが良い雰囲気です。ダイニングからリビングへの仕切りはガラスの引き戸です。渋いです。ベランダ開放部には雪見障子。障子の先には豊かな緑が見えます。
チーク無垢材と木製建具

引越し前には天然オイルを塗布されたとのことです。オイル塗装後も見てみたいです。

チークOPC120mm幅
TS120は120mm幅で1,820mm長の一枚物です。チーク原木から少ししか取れない希少なサイズ。マグロでいえば、中トロ・大トロの部分です。

その分、張り上がりは迫力があってとても高級感があります。ミャンマー産特有の目が詰まってシットリした肌触りのチークフローリング。写真は無塗装品です。

時間が経つと赤みが増して飴色に変化していきます。また、生活していく中でチーク特有のオイル分が光沢を帯びて自然な艶が出てきます。時間の経過とともに味わい深くなっていくのが、ミャンマー産チークフローリングです。

ペデスタル洗面
A様邸ではお手洗いに腰壁にもチークフローリングを施工しました。腰壁は通常縦方向に張ることが多いですが、横方向に張るのもイイですね。TS120の長さが活かされてます。また、柾目のものを選んで張ることで優しい感じというか落ち着いた雰囲気です。
チーク無垢材の腰壁
上の写真は、チークユニタイプ(TU15)を腰壁に使用した別の洗面です。ペデスタル洗面器が特徴的です。ユニタイプはカジュアルな雰囲気があります。こちらもミャンマー産チークの無垢材なので経年変化で色合いが変化します。

濃い色合いのものは落ち着いてきて、淡い部分は褐色に焼けていき全体としての色合いが統一されていきます。こうした色合いの変化は紫外線によるものだと思いますが、木材の場合は味わいが増していくので不思議です。

琉球畳の和室と無垢床材
最後の写真は琉球畳のある和室です。こちらにも濃い色合いの雪見障子があります。畳、落ち着きますよね。日本人であることを実感します。

チーク材、畳とも相性が良いですよ。畳の間を囲むチーク材。

今年も施工例をできるだけ紹介していきます。実際の施工例には、お客様の色々なアイデアや感性が詰まっています。それらを、少しずつ皆様とシェアしていきたいと思っています。

12月 26, 2011
admin

シンプルモダンなインテリアとチーク無垢フローリング

早いもので、2011年もあと1週間です。今年も多くのお客様にミャンマーチーク無垢フローリングを販売できました。2012年には新商品を計画していきますので、弊社をお引き立てくださいます様、よろしくお願いします。

さて、今年訪問させていただいたN様邸の施工例を紹介します。

シンプルモダンなインテリアとチーク無垢フローリングチーク無垢フローリングとモンステラシンプルモダンなインテリアに暖かみのあるチークの無垢床材がマッチしています。照明もモンステラの緑色も柔らかな感じでいい感じです。

施工から約半年経過しました。無塗装のままですが、経年変化で落ち着いた色合いになってきました。

無塗装は汚れがつきやすいのですが、モップがけをすることで殆どの汚れは「洗う」ことができます。水に強いチーク材ならではのメンテ方法です。(このメンテ方法の詳細は過去ブログ記事をどうぞ。)

一方で、無塗装品の肌触りは格別です。皆さんも是非無料サンプルで実感してみてください。

 

N様は、施主支給として弊社チーク無垢フローリングを選んでいただきました。弊社ショールームにお越しいただき、幅広TS120を選ばれました。

TS120は幅広タイプなので、スッキリした印象に加えて部屋を広々とみせる効果ももっています。踏んだ時も、足の幅よりも広いので目地を感じにくく「幅広感」を実感できる商品です。

ロフトにも無垢フローリング

ロフトにはTU15をチョイス。ロフトとはいえ、ハイサイドライトがあり明るく開放的な空間です。

リビングを見下ろすことができます。冬場なんかはホンワカと暖かい空間になりそうです。

巾木は白い壁に併せて、白い巾木です。こうした工夫もスッキリとモダンな印象を与えますね。

N様、施工例の取材ありがとうございました!

ページ:«12345678910»
無料サンプル申込