1月 6, 2017
admin

式台のある家

あけましておめでとうございます。
2017年も汎アジア貿易のチーク材をよろしくお願いします。

さて、昨年末にご訪問したT様邸の施工例をご紹介します。

teakshikidaiol

新居にチーク材を使用することを決めていらっしゃったT様。複数の会社からサンプルを取り寄せてみたところ、コスパに優れている弊社のミャンマー産チークを選択していただきました。T様邸では、床材だけでなく、柱・框・式台にもミャンマーチーク角材を加工して施工されました。
特に玄関は、玄関ドア枠、式台、玄関框、玄関柱、天井をチーク材で統一しました。お邪魔して、初めて玄関を見たときには思わず「おぉー」と声をあげてしまいました。式台に関しては、奥行きが380mmもあり存在感が際立ちます。最近は式台のある家が少なくなりましたが、框だけでなく式台もある玄関は雰囲気が違いますね。この玄関はT様こだわりの空間です。

teakldbali

リビングです。
バリ島のリゾートをイメージした平屋建てのT様邸。垂木や梁を現しにして、オスモカラーのチーク色で色合いを統一されました。金物にはロートアイアンを使用し、木目の中にある黒色がアジアンリゾートの雰囲気を醸し出しています。窓からは海が一望でき、素晴らしい景観が広がります。掃きだし窓は木製サッシです。壁は珪藻土左官仕上げです。間接照明が穏やかに映っています。

teaksunroom

幅広のチーク材は、空間を広く見せる効果があります。

teakwashroom

ウォッシュルームです。
チークの角材を家具屋さんで加工して、鏡の枠と洗面台引き出しの幕板に納めております。天井と床面もチークフローリングです。チーク無垢材で作った鏡、テーパーがかかって立体的な素晴らしいデザインです。自分用にも欲しくなりました。

teakmirror

ミャンマーチーク材をふんだんに使用したT様邸の施工例は、参考になる納め方や見せ方がたくさんありました。ブログでは紹介しきれないので、ご質問等あれば何なりとご連絡ください。

ミャンマーチークブログの人気記事!

Leave a comment