Browsing articles in "ミャンマーチークとは"
2月 25, 2016
admin

よくある質問ですが・・・

こんにちは。店長の相原です。最近、問い合わせでお受けする質問のなかに「どうしてミャンマーチークなのに、そんなに安く販売できるのですか?」というものがあります。

確かに弊社の価格設定は、他社様のものよりも安いです。それは、一人でも多くの方にミャンマー産の本チークやアジアンウォールナットを採用してもらいたいという思いを実現するため、常に限界の価格に挑戦しているからです。

私がこの商売を始める前は、ミャンマーチークの無垢フローリングは40,000円/坪や50,000円/坪というような、とても一般の方には手が届かないような市場価格でした。2005年に自宅の床材として試験的に輸入しようとミャンマーへ赴いて商談したところ、日本で流通している価格の半分にも満たない価格で製品を輸入できるということが判明し、これならば高嶺の花だったミャンマーチークをリーズナブルな価格で日本の皆様にお届けすることができると自信を持ちました。

また、安かろう悪かろうという商品では、日本では受け入れられないと考えから自社社員で全数検品を行うというやり方にしました。通常の輸入フローリングでは、ロットから抜き打ちの検品というのが一般的かと思いますが、1本でも品質不良のものが混ざれば施工現場で混乱し、製品に対する信用を失ってしまうと思い、手数をかけてでも全数検品という愚直な方法を実施しております。

家族経営の小さな商社ですが、ミャンマーの製材所から正規材を直輸入して、自社で在庫し、お施主様から工務店様、卸売り業者様どなたに対しても制限なく販売しております。中間マージンをカットすることで、業界最安値を実現しております。

ショールームや宣伝にあまりお金がかけられず、知る人ぞ知る的な存在ではありますが、正真正銘の本チークを販売し続けております。かれこれ10年近く、チーク材・アジアンウォールナット材だけを取り扱ってきましたので、これらの材に関しては知識と経験と人脈があると自負しております。これからも、多くの方にチーク材を採用してもらえるように業界最安値でまい進していく所存です。

下記の写真は、来月入庫予定のWRK15の塗装風景です。アルドボス塗装の乱尺品です。シックな空間になりますよ

写真中央の白いシャツの人が弊社の社員です。

ミャンマーチーク無垢フローリング オイル塗装品

oilcoating(2)

お、作業員の方のシャツが日本代表だ!

ではでは

 

7月 3, 2015
admin

ウッドデッキの補修 応急処置編

店長自宅の2Fのベランダウッドデッキ(2×6の防腐剤注入材)をチーク材に入れ替えました。といっても1列だけですが・・・。施工してから9年も経過し、庇からの結露があたる部分の腐食が激しく、どうやら下地の根太(2×6材)も一部ダメになってました。
水気のかかる場所の腐食が激しいようです。

一念発起して、全てチーク材に!という予算もなかったので、腐食の激しい一列部分を除去して、根太をイペで入れ替え・継ぎ足ししチーク材を加工して天板します。

イペ根太Before 写真を撮り忘れてしまいましたので、途中経過から。除去したデッキは50mm近い厚みがあったのですが、腐食でボロボロ・バラバラになってしまいました。一部大丈夫だと思っていた根太も腐食の魔の手が。(写真奥のところです。)イペ材の根太を継ぎ足してもらいました。

写真ではわかりにくいですが、小さなバールのあたりから写真右手のイペ材のあたりまで根太があったのですが、腐食で土のようにボロボロになってました。自然の力はスゴイですね。イペ根太を右側デッキ下に差し込んでもらい、手前部分もイペ根太を継ぎ足してもらいました。多少ビス位置がずれますが、ご愛嬌です。

 

 

 

 
イペ根太の入替と補強デッキの長さが3m近くありましたので、今回はTKMチーク角材を根太のところで継ぎ合わせて使います。(木口から水を吸収していくので、木口はできるだけ隠しておきたいので)木口が増えてしまうことは、木製デッキとしては良くないのですが、チークであれば耐水性もあり、在庫有効利用の観点からチャレンジしてみます。

 

 

 

 

 

 
チークデッキ施工例今回は、
1.チークかまち材から、デッキ天板をカバーできるものを2本チョイス
2.工務店の方へ送り、自動カンナ板で板厚・幅を調整してもらう。
3.天板・根太は傷みの激しい場所を交換・継ぎ足しする
4.いつでも掃除ができるように、デッキ点検口はネジ止めせずに置くだけ。

無塗装の状態です。一列だけ綺麗なゴールデンチークで目立ってしまいましたが、踏み心地は再考です。丁度、この部分に庇からの結露水があたるのですが、チークの耐水性で問題ないでしょう!なお、天板は大工さんが庇下に設置されていた乾いて傷みの少ない材と傷みがあるものを入れ替えるなどローテーションしてくれました。

 

 

チーク材によるウッドデッキ補修

 

 

 

これで更に数年使用できるかと期待しております。その間にミャンマー産デッキ材について、入手の目途をつけておきたいところです。
張り替えたチークデッキには天気の良い日に屋外用オイルを塗布しようかと思ってます。

 

 

 

 

5月 28, 2015
admin

ミャンマーチークの産地証明書

今回入荷するミャンマーチークの産地証明書が届きました。 ミャンマーでは2014年の丸太輸出禁止以降、違法伐採や盗伐の撲滅に向けて、官民をあげて様々な取り組みを行っております。そして、ヨーロッパ版のFSC認証ともいえるFLEGT(Forest Law Enforcement Governance and Trade)の認証取得を目指しております。

産地証明と産地

日本でも、桧や杉などで有名な産地のものは良材が多く算出されるので、産地によって価格が高くなったりしますが、ミャンマーにおいても同じ流通となっております。ただし、ミャンマーの場合はチーク材を始めとする木材が全て国有財産になりますので、正規ルートの木材は育成・間伐材の選択・伐採・運搬・入札管理・製材の管理・輸出まで全て政府の管理下において行われます。

下図では間伐材の選定から、巻き枯らし、象による運搬、計測、製材所への運搬までにおいて、4つのチェックポイントがあり、それぞれに正規ルートで流通が行われているか書面での確認が行われていることを表しております。
チーク材の流通管理

このような理由から、出荷目前で「○○を10本ほど追加してよ!」とか「少しオマケを入れといてよ!」というリクエストは製材所に却下されることが多いです。出所の確かなものを書類審査・現物の検査を経て初めて輸出許可を受けることができます。チーク材の丸太にも1本ずつ標章が記載されており、しっかりと管理されております。

チーク丸太の標章

最近では国境地域で違法伐採された木材および業者を取り締まったニュースを聞くことが増えました。丸太輸出が禁止になったこととも関係があるのでしょう。

ミャンマーには従来よりMSS方式という森林管理方法が根付いており、資源枯渇から有効なチーク林を守っております。将来にわたって継続的に良質なチーク材を供給できるように、ミャンマーでのこうした取り組みを応援していきたいですね。

 

5月 13, 2015
admin

弊社フローリングの納品までの流れ

こんにちは、店長 相原です。

さて、今回は皆様からご質問を頂くことの多い「納品までの流れ」をご説明します。
▼納品までの流れについて
1.商品が決まりましたら、(平米数かケース数等)使用数量をご連絡下さい。
2.弊社にて運賃込みの御見積書を作成いたします。
3.御見積書の内容でよろしければ、お振込をお願いします。
4.ご入金確認後、最短5営業日で指定場所にお届けいたします。

なお、輸入品で在庫が流動的になりますので、購入が決まった段階で取り置きをお勧めしております。

お客様の都合に併せて、柔軟に対応しますので、何なりとご相談ください!
フローリングの配達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月 20, 2014
admin

クレジットカード決済はじめました

皆様から問い合わせの多かったクレジットカード決済をスタートいたしました。

今までは発注前の事前振込みだけでしたが、クレジットカード決済の導入によりお支払い時期が選べるようになります。

VISAおよびマスターカードがご利用になれます。

クレジットカードにてお支払いをご希望の際は、何なりとお申し付けください。

ページ:«1234567891011»
無料サンプル申込