Browsing articles in "TS120の施工例"
12月 2, 2016
admin

リビングの音響効果がよくなったリフォーム事例

s_mg_2489

既存合板のフローリングの上にミャンマーチークの無垢フローリングを重ね張りしてリフォームをされたK様邸の施工写真です。
TS120(15x120x1820mm)とTR11(11x90x1820mm)の2種類をご採用いただきました。眺望の良いテラスとつながりのあるナチュラルなLDです。リビングには幅広一枚物。これからK様ご自信でオイル塗装をされる予定です。

s_mg_2492

壁の一部には11mm厚の乱尺品(無塗装)を施工されました。白い壁のアクセントとしてチーク材の優しい色合いが印象的です。床材と壁の一部にチーク無垢材を使用したことで、以前の合板のときと比べて音響が格段に良くなったとのこと。音楽を聴いたり、映画を見たりすることがとても楽しくなったそうです。

s_mg_2522

木材には、低音・中音・高音をバランスよく吸音する働きがあり、室内に木材を使用すると不快な雑音が少なくなり、音の響きが柔らかくなります。特にチーク材は導管が太く、断面の空隙が大きいので、吸音効果も優れております。これまで多くの方のオーディオルームに採用頂き、異口同音に音響が良くなったとご評価を頂いております。特にK様邸では壁の一部にもチーク材を施工頂いたので、音響効果の改善が顕著だったのかと考えております。

s_mg_2529

チークの無垢フローリングにしたことで、冬場でもヒンヤリすることなく暖かく過ごすことができるようになったそうです。石油ストーブだけでも充分な暖房効果があり、これまで合板フローリングのときとは比べられない快適さを実現できました。s_mg_2508

玄関框には大理石タイルを加工して納めています。

s_mg_2510

フローリングの張り方向が変わっているところで、無垢フローリング厚が15mmから11mmになり、既存ドアが干渉することなく開閉できるようになっています。

s_mg_2515

TS120幅広無垢フローリングを活用した室内階段です。上段の蹴込に杢目が表れて個性的な印象です。こんな杢目もチーク材にはありますよ。

いつも自社物件の床材に弊社のチークフローリングをご採用いただいているK様の自邸リフォーム事例でした。施工された大工さんからもチーク材について、精度が高く高品質との太鼓判を頂きました。
K様は、リフォーム後は家でくつろぐのが楽しくなったとのことです。暖炉のある壁に施工した横張りのチーク無垢材が素晴らしいアクセントですね。

6月 23, 2016
admin

TS120/TR11を使ったリフォーム事例

こんにちは。
住宅の床リフォームにTS120幅広一枚物とTR11乱尺タイプを採用頂いたA様邸の施工事例です。
定尺物と乱尺物の違いやオイル塗装と無塗装の比較など、参考になる写真がたくさんあります。

施工後2年経過したミャンマーチークフローリングです。

下記写真をクリックして、リフォーム事例ストーリーを是非チェックしてみてください。

TS120/TR11施工事例

6月 7, 2016
admin

TS120の施工事例

久しぶりのBlog更新になります・・・。

今回はTS120ミャンマーチーク幅広一枚物の施工事例をWebストーリー風に作ってみました。

ミャンマーチークの特注ウッドデッキやフローリング材を使用した軒天やドア・壁など見所満載です。

是非下記画像をクリックしてチェックしてみてください。スマホでも見やすくなってます!

TS120施工事例

9月 17, 2014
admin

TS120チークフローリングを使用した可動式ベランダデッキ

お客様のI様よりTS120を使用したベランダデッキの完成写真を送っていただきました。

I様邸ではマンションリノベーションでTS120をご使用いただいており、リビングから延伸するデッキにもTS120をご活用いただきました。

サイズはD800xW1884で、上面は3分割できるようにして、下部は収納箱になっております。庭用の長尺スキ・クワ等も収納されています。

塗装はALESCOのチークオイルでしっとりと仕上がっております。

収納とデッキを兼ねた素敵なベランダデッキです。チーク材は屋外でも使用できるので、こうした活用方法もアリですね。

可動式チークベランダデッキ

7月 24, 2014
admin

チーク幅広無垢床とチーク無垢天井のナチュラルな施工事例

毎日暑いですね!温暖化の影響かもしれませんが、夏の暑さの厳しさが増している気がします。ミャンマー現地の暑さとかわらないのでは?と感じる日も多いです。
チーク無垢フローリングは、さらりとした肌触りでジメジメした夏場でも素足で快適に過ごすことができます。

さて、今回はTS120 チーク幅広一枚物無垢フローリングを選んでいただいたF様邸をご紹介します。

F様邸ではリビングにTS120を施工し、仕上げはナチュラル系のウレタン塗装を採用されました。また、天井はオイル塗装のチーク乱尺フローリング11mm厚をご採用いただきました。

オフホワイトの霧島壁のとチークの金褐色の色合いがナチュラルな雰囲気です。床と天井にチーク材を張ると空間が締った感じになります。また、ウッドデッキもフロアと同じ方向に張り込んでいるので、リビングからのつながりが出て奥行きがでます。

キッチンはオープンキッチンです。スキップフロアとなっておりキッチンからリビングをみると、天井高のある大きな空間が広がります。

F様には目の詰まった良い色合いのチークでかなり満足しておりますとご評価いただきました。ミャンマー本チークフローリングは、これから時間と伴に味わいが深くなっていきます。こうした経年変化も無垢チークフローリングの楽しみでもあります。

F様邸は、田園風景を切り取ったピクチャーウィンドウが印象的でした。四季折々の緑を家にいながらにして楽しむことができますね。

天井にご採用いただいた11mm厚の乱尺タイプの写真です。こちらは限定商品になりますので、ご興味のある方は是非ご連絡ください。

固定ページ:1234»
無料サンプル申込