Browsing articles in "ミャンマー出張"
5月 27, 2011
admin

ミャンマー児童支援センターへ行ってきました

Japan Bridge今年も弊社ではミャンマーの児童支援センターに援助を行いました。この児童支援センターは保育園のようなところです。ヤンゴン川を渡った村にあり、昼間保護者の方が働きに出ている間にお子さんを無償で預かり、食事から教育までを行っています。みんな英語も勉強していました。右の写真は児童支援センターまでへ行く途中の橋。ジャパンブリッジと呼ばれているそうです。

 

ミャンマー児童支援センター支援センターの所長によれば、子供達の体重が1年間で平均1.1kgも体重が増加したそうです。貧しい村にあって、この体重増加は驚くべきことだそうです。とくにこの児童支援センターでは食事を重視しております。というのも、充分な栄養をとることは、体重を得るだけでなく、健康的で精神衛生上にも効果があるとのことです。さらに昨年からはこの児童支援センターにも電気が通るようになりました!

確かに去年会った時よりもみんな大きくなっているね。(店長も一回り大きくなりました。痩せねば・・・)

さて、店長は太っているので「暑い暑い~」と言っていると、ある子供がウチワで仰いでくれました。こんなにも涼しい風はないね!そこで、むむ!と閃きました。

折角電気が通ったのならば、皆が勉強・遊びに集中できるようにしようと、買いに行きました

扇風機!

扇風機を買いました

Made in Japan・・・ではないですが、現地では人気のMDファン(Made in China)!

児童支援センターのみんなに涼しい風をプレゼント。

さて、このNGOでは色んな計画が進んでいて今度は24時間体制のメディカルセンターを建設中でした。ダラーメディカルセンター

薬局と産婦人科を常設していて、日替わりで歯科なども入るとのこと。この村には病院が全くなかったので、このメディカルセンターが頼りになるそうです。
追伸:現地よりMDファンの設置工事が完了したとの連絡がありました!勉強がんばれ!
児童支援施設に設置されたファン

5月 11, 2011
admin

無垢フローリングの張り方 イロイロ

前回の出張ではヤンゴン市中心から少し離れたインヤーレイクホテルに泊まりました。インヤーレイクホテルはヤンゴンの中でも由緒ある古いホテルになるのですが、湖畔の静かな環境でロビーから客室までチーク材をふんだんに使ったホテルです。他のホテルに比べると、欧米系のゲストが多い感じがしました。

ヘリンボーン張りとパーケット張りのミックス

ロビーにはヘリンボーン張りとパーケット張りが組み合わさっていました。いい感じに使い込まれてます。

日本のフローリングのように面取りはしておらず、現地では施工後にサンダーをかけて表面を磨くそうです。

パーケット張り市松模様
こちらは客室前の廊下に敷きこまれていた市松模様のパーケット貼りです。ロビーに張ってあったものと比べると小さめでした。幅50mmで長さ150mmくらいでしょうか。

色の濃淡を組み合わせて綺麗な市松模様を作っています。チークは濃淡の違いが結構ありますが、それを上手に使っていますね。以前、僧院で施工しているところを見たのですが、色を選り分ける専門の職人がいました。張る職人さんは、色分けされたものをかんなを使いながら長さを併せて張りこんでいましたが、施工は大変そうでした。

ちなみに、工場でパーケット張りのフローリングを見せてもらったのですが、本実加工がありません。

ヘリンボーン張り短尺タイプ

客室内はヘリンボーン張り。フローリングは、短尺で上のパーケット張りのものと同じサイズです。

こうやってみると今度は色の濃淡があまり気にならないですね。よく見ると時々濃い色合のものとかが混じっていますが・・・、うーん不思議です。

チーク階段框と手すり
ホテルロビーの奥は土産物屋さんが並ぶ廊下になるのですが、スキップフロアになってます。

チーク材の階段框、長尺の一枚ものでした。迫力があります。

チーク無垢フローリングのパーケット張り

土産物屋さん通りは、パーケット張り。

ミャンマーの水掛け祭後に行ったので、宿泊客も少なくとても静かでした。ちなみにインターネットはロビーのみWi-fiが繋がりました。客室からは残念ながら湖がみれませんでした。もし行かれる方はレイクビューの部屋を指定した方が眺めが良いですよ!

フローリングの張り方についての記事一覧
朝鮮張りのオーディオルーム
無垢フローリングすだれ張りの施工事例
無垢フローリングの張り方 イロイロ(このページ)

5月 2, 2011
admin

ミャンマーチークの丸太

先日の出張では、ミャンマー政府木材供給公社のチーク丸太ストックヤードを見学してきました。これだけの量のチーク原木を見ることはめったにないので、写真をたくさん撮りました。弊社スタッフもこれほどの量を一度に見ることはなかったようで、中年のオジサン2人ではしゃいできました。

広大な敷地のチーク丸太置き場

広大な敷地に入札を待つ丸太が積まれています。これらは全てミャンマー産本チークになります。このストックヤードで一山ずつ精査していくだけで何日間かかかりそうです。 

化粧合板の表面材やヨットやクルーザーのデッキなどの使用するハイグレードなものから現地市場でフローリング等に使用するためのリーズナブルなグレードのものまで玉石混交です。

写真だと少しわかりづらいのですが、原木を見ただけでも、表面が茶系統のものから黒系統のものまで色合いが様々です。また、スラッとまっすぐ伸びた丸太からヒネリが入った丸太や瘤のある丸太など、天然チークの丸太ならではです。

ハイグレードのチーク原木

それぞれグレード毎のロットに分けられてセリにかけられます。断面にはグレードやロット番号がわかるように文字が記載されています。左の写真はいずれもグレードが高い原木で、化粧板や家具・クルーザーデッキなどに使用される品質のものです。大口径でスラッとした丸太です。色合いも良さそうです。弊社のソリッド一枚ものもこのグレードから挽くことが多いです。というのも、長尺のものの歩留まりを考えると、欠点の少ない素直な丸太からとるのがコストパフォーマンスが良いからです。

ただし、弊社のサプライヤー曰く「実際に鋸で挽いて切り口を見るまでは安心できない」とのことです。というのも、挽いてみて初めてワレや虫食いなどの欠陥が見つかる場合があるからだそう。

象が運搬する為のチーク材の穴

さて、この丸太に空いている穴はナンでしょうか?

答えはチーク材を牽引するために鎖を通す穴。そして、ミャンマーでこうした大きなチーク材を運ぶのは象さんの役割なのです!象による運搬というのは、重機などで運ぶ方法と比べて、一見非効率に見えるのですが道路状況が良くないミャンマーでは最適な方法なのです。また、ゆっくりと運搬することで急速な乱開発を抑える効果もあるのです。

非常に大きなチーク丸太

またがってみました。大きさがわかるでしょうか。ところで、木に またがることってあまりないですよね。

インドバイヤーが買い付けたチーク原木

こちらは皆同じマークがしてありました。買い付けたバイヤーのものですが、すごい量。この山以外にも別の場所にも同じマークのものがありました。見た目はブラジルの国旗のような色合いですが、表記に「ムンバイ」とあったのでインド向けでしょう。

比較的低いグレードのものですが、買い付ける量がすごいですね。さすがに人口12億人の国です。

次回は現地のホテルで見た色々なフローリングの張り方について書きます。皆様、よいGWをお過ごし下さい!

4月 27, 2011
admin

ミャンマー出張から戻りました

本日、ミャンマーから戻りました。今回はシンガポール経由で少し長めの出張でした。

今年のミャンマーは去年に比べて暑くないので快適な旅でした。曇りの日や雨がぱらぱら降ることも。おかげでアクティブに動くことができたので、商談・検品・フィールド調査(観光)と充実した内容でした。

夕暮れのシュエダゴンパゴダ夜のシュエダゴンパゴダ

近年では中々いけなかったシュエダゴンパゴダにも久しぶりにお参り。

この時期の昼間だと大理石の床が熱すぎて歩けないので、夕暮れから行きました。いつきてもすごい迫力の大伽藍、でも周りから聞こえてくるお経や鐘の音で癒されるのでいつも長居をしてしまいます。シュエダゴンパゴダはヤンゴン市内でも一番高い丘の上にあり、夜風が吹き上げてきて結構涼しいです。そのためか、夜になってからはお参りにくる現地の方が多くなりました。

今年は自分の誕生日の曜日を調べていきました。ミャンマー仏教では、自分の生まれた曜日によってお祈りを捧げる動物が決まっており、シュエダゴンパゴダには各曜日毎にお祈りするその仏像が鎮座しております。地元の方のお祈りを見てると、自分の曜日の仏像にお水をかけたりお線香やお花を献じてます。そして、その前の大理石の床に座ってひたすらお祈り。

私は日曜日生まれなので、ガルーダ。水掛けにチャレンジするも、ガルーダは結構混んでいます。みんな日曜生まれの仲間ですね。

日曜生まれガルーダpray for JapanPray for Japan 日本の復興と繁栄を切にお願いしてきました。

次回以降、チーク原木やフローリングの張り方バリエーションなどを紹介していきます。

4月 14, 2011
admin

ミャンマーからの祈り

震災から1ヶ月経ちました。余震が収まらず、原発問題も解決のめどが立たず不安な日々が続きます。
そんな中でも被災地の方々やボランティアの方々による復興、お疲れ様です。
少しずつですが仮設住宅の建設が進んでいるとニュースで見ました。工務店の方々と話すると、構造用合板が不足している等聞きます。しかし、皆さん一様に「近いうちに在庫状況は平常になるだろう」とのことです。新聞なんかでも徐々に生産が戻っているとも。復興に向けて皆でがんばりましょう。私も、通常通り以上に仕入れをして、生産・復興の一助になればと思ってます。

ミャンマーからの祈り

先日の余震について、弊社でサポートしているミャンマーデイケアセンターの所長から励ましのお手紙をいただきました。
以下、和訳です。
「3回目の地震があったと聞きました。津波は発生しなかったとのこと、主に感謝します。(キリスト教の方です)ただ、神はなぜこのような試練を日本の方々に与えるのでしょうか。日本の皆さんは穏やかで優しく、世界の恵まれない方々を助けてきたというのに。これ以上の困難がないことを願っております。」

日本の立場にたった応援のメッセージに目頭が熱くなります。今まで、私たちがやってきた世界の国々への支援は間違っていなかったし、今回は私たちが困っていたので世界各国から支援が向けられました。

助け合いですよね。ホント。今は寄付や支援物資を送るとかしかできませんが、チャンスがあれば被災地へボランティアへ行って復興を手伝いたいです。

ミャンマーでは続々と生産が行われています。さらに在庫増すように近々現地にいって追加発注してきます。また、デイケアセンターへの支援も行ってきます。この支援は毎年変わらず行います。

下の写真は出荷を待つTH90と検品状況です。

チーク一枚ものOPC含水率の測定厚みの測定

品質検査で不可となったチークフローリング

品質検査は不可となったもの

ページ:«12345»
無料サンプル申込