12月 4, 2018
admin

チークの上がり框(アガリガマチ)施工事例集

玄関框(ゲンカンガマチ)をどうするか?リフォームや新築工事で頭を悩ませる箇所でもありますね。

玄関框とは、玄関土間と床材のつなぎ目になる重要な部分で、家の顔にもなる部分になります。
歩行回数が多いので、耐久性のある材料が使われることが多く、日本ではケヤキなどがよく使われてきました。
玄関框とは
帰宅した時にまず目に入るのが玄関框で、外出の時は腰を掛けたりする場所にもなります。住宅の中では使用頻度の高い場所になりますので、見た目・質感・耐久性に優れた部材を選ぶことが重要です。

弊社では世界3大銘木のミャンマーチークの無垢角材を框材用に在庫・販売しております。ミャンマー産チークは天然オイル成分を多く含み、滑らかな質感が特徴的な広葉樹です。耐久性が非常に高く、格式のある建築物などにも多く採用されています。

本記事では、弊社のお客様でのチーク上がり框の施工事例をご紹介します。

戸建て住宅でのチーク無垢框 施工事例

板目使いの玄関框
幅広い面を天面に使用した事例です。板目の感じが特徴的です。

シンプルモダンな住宅の玄関框
正方形タイプに加工してシンプルに収めたタイプのチーク玄関框です。

玄関リフォーム後の上がり框
リフォームで床材と同じチークの框をご採用頂きました。

マンションリフォームでのチーク框


バリアフリーに対応した框。R加工が特徴的な玄関框です。


縞チークの柾目面を土間からの立ち上がりに使用した上がり框

ヘリンボーンフローリングと上がり框


幅広い面を床面との見切りに使用し、高級感の漂う玄関

チークの玄関框
スクエアな感じのシンプルなL字の框が、ヘリンボーンとの見切りにピッタリはまってます。

上がり框と式台

式台とは、玄関土間と床面の高さに隔たりがある場合に、ステップとして使用する部材です。デザイン的にも、式台があると玄関の雰囲気が立体的で特徴的になります。


シンメトリーデザインのスッキリした玄関です。


チーク無垢角材を2枚使いすることで、奥行きのある立派な式台となりました。


高基礎の構造的特性を活かして、式台を作り、立体的な特徴を備えた玄関となった事例。

弊社ではチークの無垢框材を一本から販売しています。最新の在庫リストと価格は下記リンクをご参照ください。リストに1本ずつ写真を公開してますので、購入前に木目や色味をご確認いただけます。
チーク無垢上がり框 在庫リスト

ミャンマーチークブログの人気記事!

Leave a comment

無料サンプル申込