12月 21, 2007
admin

90mm幅と120mm幅の違い

写真はTH90とTH120のフローリングを並べたものです。TH90(写真右)は90mm幅でTH120(写真左)が120mm幅になります。
好みや用途などによって、幅を選んでください。
例えば、チーク無垢床材を床暖房などに使う場合は、90mm幅の方が120mm幅のものに比べて収縮が少なく、隙間になりにくい特徴があります。温度・湿度の変化が大きい場合は90mm幅がお勧めです。
一方、幅広チークは部屋全体をスッキリとみせる効果があります。大きいスペースを120mm幅で仕上げると、かなり迫力があります。
また、90mm幅と120mm幅を別々の部屋で使うなど、「変化」を楽しむのもメリハリがついて面白いと思います。
TH90andTH120.jpg
次回は910mmと1820mmの長さの違いについて説明します。

11月 15, 2007
admin

事務所にも使える無垢フローリング

先日、TU15を施工頂いた静岡県のお客様のところへお邪魔してきました。無塗装のままの仕上げで、ナチュラルな感じのある癒されるオフィスです。
キャスター付きのオフィスチェアーを使っても傷が付きにくいものをとのことだったので、ご購入前に1ケース持参し、実際にキャスター付きチェアーを乗せて試してもらいました。
ミャンマーチークはハードウッドと呼ばれ、比較的硬い木になりますので、人が乗ったキャスターを動かしても傷が付きにくいです。もちろん、施工後も問題なくご使用いただいてます。
また、無塗装のため木肌の温もりが損なわれず、「これからの寒い季節でも暖かく過ごせそう」とのことです。
施主様はとても研究熱心な方で、多くの選択肢のなかから弊社のミャンマーチークを選んでいただきました。また、施工も丁寧に仕上げていただきました。この度は真にありがとうございました。
Sizu_TU15.jpg

11月 12, 2007
admin

TS120(15x120x1,820)の写真

写真はTS120(厚15mmx幅120mmx長1,820mm)のソリッドタイプになります。
1本のチーク丸太から取れる量が少なく入荷量も少なめです。
この他にTH120(厚15mmx幅120mmx長910mm)というソリッド定尺タイプもございます。
TS120beforepack.JPG

11月 12, 2007
admin

ソリッド1枚ものの出荷

遅れていたソリッドタイプの出荷が無事完了しました。
今回出荷分の12,000本全てを一本ずつ品質検査し、弊社基準に合格したもののみを出荷します。
今月末頃には弊社倉庫に搬入する予定です。ご予約いただいているお客様には、今しばらくお待ち頂ければと存じます。
ちなみに上半身裸で作業しているお兄さんが着用しているのが、ロンジーという民族衣装です。ミャンマーでは男性も女性も普段着・仕事着にロンジーを多用してます。TS90check.JPGwaitforloading.JPG

9月 12, 2007
admin

チーク無垢フローリングのユニタイプとは

弊社で販売しているTU15はユニタイプと呼ばれるものです。
これは、1,820mmの定尺にするために、乱尺のものを縦方向に継ぎ合わせたものになります。
継ぎ合わせた部分の強度を保つ為、「フィンガージョイント」と呼ばれる加工でつなぎ合わせます。
その名の通り指を交互に重ね合わせた様な継ぎ目になります。
このギザギザの継ぎ目はフローリングの側面に現れます。フローリング表面は1本の横線となった継ぎ目が出ます。
CIMG2027.JPG

ページ:«1...3132333435363738»
無料サンプル申込